祝儀用品・京扇子の専門店 - 松屋

〒600-8007  京都市下京区四条高倉西入立売西町76-2
 075-221-4701(代)  075-255-7051(24時間受付)
当店は結納の発祥の地である京都で永年に渡り、専門店として営業しています。いまどきの簡単でシンプルな結納品から、京都の職人技を駆使した、究極の結納品まで、バリエーション豊富に扱っています。

■今度は親と一緒に挨拶(顔合わせ)

親同士の挨拶&顔合わせ

ご本人の挨拶が済めば、今度は親の挨拶&顔合わせへ進みます。先方宅へ基本的に訪問するのですが、料亭又はレストラン等で昼食を交えて開催される場合もあります。ご本人の時と同様に、手土産は必要ですし、受ける女性側も会食終了時に用意されると気が効いてると思います。

ホテルや料亭での会食費は、古来の付き合い方法は男性側が費用を負担しますが、今どきの方法は折半されます。女性側宅でされる場合は、女性側で食事等セティングします。この場合はお目出度いお茶(昆布茶【西日本】or桜茶【東日本】)と紅白饅頭とお食事(お膳や幕の内弁当等)で持成します。この時点で釣書(身上書)を取り交わせます。

釣書(身上書)の書き方

身上書には一般的に、
生年月日、現住所、学歴、職業、趣味、特技(免状、免許など取得したものがあれば書き添える)、宗教、健康状態、慎重、体重、その他希望事項などを、正直に、誤りのないように書きます。

身上書

手土産について

ご本人の場合と一緒で、昔からの品物としてはお酒、乾物(鰹節、昆布&スルメ)でしたが、今どきはご自身の土地の名産

品や、洋菓子やワインなどもイイんじゃないでしょうか。縁起物的な性格もあるので、割って食べるせんべいや、切って食べる羊羹はNGです。

心得

親としての挨拶が済んで、お互い了承すれば、これからの段取りを決めます。

挨拶の一例

「この度は○○が大切にお育てのお譲様に結婚の申入れしましたところ、ご承諾いただき誠にありがとうございます、
つきましては、親共々結婚の申入れに参りました、何卒よろしくお願いいたします。」

返礼
「ご丁寧に起しいただき恐縮です、私どもも○○さんとの良縁とても嬉しく思います、いたらぬ娘ですが、どうぞ!よろしくお願いいたします。」